" 誰もが安心して暮らし、長寿を喜び合える福祉の村づくり " " 助け合い、支え合い、共に生きる地域づくり "

法人概要

  • HOME »
  • 法人概要

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会は、昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づいて、地域住民の社会福祉活動を推進することを目的として組織された民間の団体です。

全国の都道府県、市区町村で、「だれもが安心して暮らせる福祉のまちづくり」の実現を目指し、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援など、さまざまな活動を行っています。

阿智村社会福祉協議会

基本理念の実現を目指し、様々な活動を展開しています。

<基本理念>
”誰もが安心して暮らし、長寿を喜びあえる福祉の村づくり”
”助け合い、支え合い、共に生きる地域づくり”   

事業内容

(1) 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
(2) 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
(3) 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
(4) (1)から(3)のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業
(5) 保健医療、教育その他の社会福祉と関連する事業との連絡
(6) 共同募金事業への協力
(7) 居宅介護等事業の経営
(8) 居宅介護支援事業の経営
(9) 老人デイサービス事業の経営
(10) 特別養護老人ホームの経営
(11) 老人短期入所生活介護事業の経営
(12) 障害福祉サービス事業の経営
(13) 生活福祉資金貸付事業
(14) 心配ごと相談事業
(15) ボランティア活動の振興
(16) 生活支援体制整備事業
(17) その他この法人の目的達成のため必要な事業

沿 革

昭和37年 任意団体としての阿智村社会福祉協議会 設立
49年 阿智村に老人家庭奉仕員の配置
62年 社協だより『しあわせ』の発行開始
63年 法人格を取得し「社会福祉法人阿智村社会福祉協議会」発足
特別養護老人ホーム「阿智荘」開所
平成 元年 「生きがい講座」の開始
2年 阿智村社協デイサービスセンター「幸寿苑」開所
3年 社協だより『ボランティアあち』の発行開始
12年 介護保険制度開始
訪問介護事業所、居宅介護支援事業所、通所介護支援事業所「幸寿苑」の運営開始
13年 阿智村社協だより『しあわせ』第50号 発刊
15年 障がい者支援費制度の開始
17年 特別養護老人ホーム「阿智荘」の運営を受託
通所介護事業所「第二幸寿苑」開所
18年 浪合村社協との合併
浪合通所介護事業所「えんばな」の経営開始
障害者自立支援法の施行
阿智村社協指定障害者居宅介護事業所、居宅(訪問)介護サービスの開始
21年 清内路社協との合併
清内路通所介護事業所「ひだまり」の経営開始
23年 「幸寿苑」 閉業
24年 特別養護老人ホーム「阿智荘」 80床へ増床
25年 阿智村社協だより『しあわせ』第100号 発刊
26年 阿智村災害時福祉避難所の開設等に関する協定締結
29年 阿智村社協創立30年 記念式典・講演の開催
30年 デイサービスセンター「ひだまり」を旧清内路中学校へ移転
PAGETOP
Copyright © 阿智村社会福祉協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.